DISCOGRAPHY

ソラネタリウム(初回限定盤CD+DVD)

michi_soranetariumu_JKT_S
  • iTunes
  • きゃにめ.jp
  • レコチョク

5th Single
ソラネタリウム / MICHI(初回限定盤CD+DVD)

発売日:2018年10月24日(水)
*テレビアニメ『あかねさす少女』OPテーマ曲

価格:1,667円(本体)+税
品番:QWCE-00692

■収録予定曲■
M1.ソラネタリウム *テレビアニメ『あかねさす少女』OPテーマ曲
 作詞:稲葉エミ/作曲・編曲:小森茂生/音楽プロデューサー:磯山敦
M2.444~four forty-four~
 作詞:稲葉エミ/作曲・編曲:小森茂生/音楽プロデューサー:磯山敦
M3.ソラネタリウム (Instrumental)
M4.444~four forty-four~ (Instrumental)

■DVD(初回限定盤のみ)■
・ソラネタリウム(MV)
・ソラネタリウム(MV MAKING CLIP)
※2日間に渡って行われた「ソラネタリウム」MV撮影の
 メイキング・オフショットをたっぷり収録

封入特典

*初回限定盤・通常盤共通

ゲームプロジェクト『あかねさす少女』高レアリティキャラ達の断片(フラグメント)が貰えるシリアルコード封入!
[有効期限:2019年10月23日迄]

  • ・1人1コードのみ使用可能です。
  • ・複数購入いただいても同種のコードは1コードしか使えません。

法人別オリジナル特典

  • ※デザインはイメージです。
  • ※こちらの特典は店舗販売に限ります。ご注意ください。
  • ※ECサイトによっては、特典が付かないケースがございます。
  • ※特典は非売品です。
  • ※特典には数に限りがあり、無くなり次第終了となります。
  • ※特典に関するお問い合わせは、販売店へご確認ください。
  • ※一部取り扱いの無い店舗もございます。

「ソラネタリウム」について

MASSAGE from 磯山敦/音楽プロデューサー

MICHIさんの新曲であり、アニメ「あかねさす少女」のオープニング主題歌になるということで
その双方を意識しての制作。思春期の心の中の葛藤、どこへ向かってどう進めばいいのか。
逡巡を断ち切るのはほんの一歩の踏み出し。方向はどっちでもいい、ほんの一歩なんだ。
でもその一歩がいかに難しく思えることか・・・。
やること全てが新しい経験ともいえる年頃をある意味羨ましくも思いながら詞曲の構想を練りました。
作詞の稲葉さん、作曲の小森さんとはアニメ「けいおん!」時代からの旧知の間柄ですが「だからこそできる新鮮さを追求しよう」と何度も意見を交換しながら進めました。
初めてお会いするMICHIさんはとびっきり元気な方で、見ているだけでこちらも気分がUPするくらいの
明るいオーラを纏っていました。ただ正直、簡単ではない今回の楽曲をどう自分の曲として歌いこなしてくれるか、不安が無かったといえば嘘になります。でもそれは杞憂でした。MICHIさんがマイクに向かい
歌い始めた瞬間、モニタースピーカーから伝わる波動は見事に「静」と「動」、「陰」と「陽」を生み出していました。なんというか実にソウルフルなのです!ディレクションしているこっちの体が自然と動き出すとても楽しいレコーディングとなりました。後日ミキシングを終えたスタジオでMICHIさんの歌声を
聴きながら、この楽曲は彼女が歌うために生まれてきたんだとあらためて実感したのでした

音楽プロデューサー : 磯山 敦

音楽・映像クリエイター。作家。 MV監督多数。
アニメ「けいおん!」「新世界より」音楽監督&作詞、アニメ映画「UNDER THE DOG Jumbled」実写&EDテーマ曲監督、「キューティーハニーユニバース」音楽監督等。

MASSAGE from MICHI

「アニソンじゃないみたい!」というのが「ソラネタリウム」の第一印象でした。
アニメのストーリーを読んだ時に「ラジ研のみんなと私は、同じモノと戦っているんだ」と共感を覚え、すんなりと楽曲を自分自身に落とし込む事ができました。ただ、果たして私がこの曲の素晴らしさを
伝える事ができるのか…
不安を抱きながらレコーディング当日を迎えましたが、磯山さん流のとてもユニークで刺激的な
ディレクションのおかげで肩の力も抜け、アニメの壮大で幻想的な世界観をしっかりと歌い表現
する事ができました。

そしてファンの皆さんに一皮も二皮も剥けた「新しいMICHI」を届けられるステキな曲に仕上がりました!現状を打破する為、必死にもがく少女達の「葛藤」をアニメと私の歌を通じて皆様に伝えていきたいと
思います。

「444 ~four forty-four~」について

MASSAGE from 磯山敦/音楽プロデューサー

アニメ「あかねさす少女」からヒントを得て、曲名は「444 ~four forty-four~」にしようと曲の打ち合わせに入る前から決めていました。

「ソラネタリウム」のレコーディングで感じたMICHIさんのパワーそして何より彼女の歌に込める熱い思いをストレートに伝える曲をと思い、作曲の小森さんと話し合いシンプルな方向を意識しながら大胆に音楽的装飾を取り払ったものにしていきました。

 お気づきになられたかも知れませんが、実は両曲ともギターを使っていません。もちろんギターは大好きなんですが今回は楽曲の骨格としてギターによるコード進行、展開を感じさせたくなかったので、、つまりコード感が支配しない楽曲を目指したんです。
(注:ベースギターは使っています)
 歌詞も同じ考えのもと作られていますが語数が少ない分かえって大変さは倍増します。一つの言葉の持つ意味、重みがとても大きくなりますので。
作詞の稲葉さん、お疲れ様でした!

 ところで今回の2曲は曲調は違いますが、僕の中ではある意味「組曲」でもあるんです。是非一度CDで続けてお聴きいただきたい。言葉ではうまく言い表せませんが繋がる何かが見えてくるような、そんな感覚を味わえると思います。

 レコーディングも終わり、ラフでバランスをとった曲を聴いた後、MICHIさんが言いました。「お願いがあるんですが、、もう一度だけ歌わせていただけますか。」

 望んだ全てが凝縮した見事な歌唱でした。楽曲はこの最後のテイクで仕上げました。
 
 心の中で静かに小さく燃える、でもそれはとびきり高温の炎。
 MICHIさんの情熱を「444 ~four forty-four~」で感じていただければ嬉しいです。

音楽プロデューサー
磯山 敦

MASSAGE from MICHI

「444」の歌詞を頂いてから、何度も歌詞を読み何度も歌っていく中で、自分の中で少しずつ理解をしていったのですが、なかなか核心にたどり着く事ができなくて…今まで歌ってきた中で1番感情の込め方に悩みました。レコーディングスタジオで磯山さんと稲葉さんから「漠然と、雰囲気で歌ってもらえればいいんだよ。みんなに感情を伝えようとしなくていい。自分自身に問いかけているんだから」と言われて「あ、そういう事か!」と凄くスッキリした事を覚えてます。私は感情を込めてしまいがちで、どうしても歌に力が入るので…鏡に映った「もう一人の自分」が目の前にいる、と思って歌ったら、自分でも気付かなかった「新しい私」と出会う事が出来ました。私の可能性をたくさん引き出して頂いた今回のレコーディング。「444」は「ソラネタリウム」とはまた違った雰囲気の落ち着いた素敵な曲です。この曲を聴きながら、皆さんそれぞれの「444」を感じて欲しいです。
PLAY MOVIE